【理解不能】名探偵コナンが何か変?やばい回でテイスト変わった?と感じたら脚本家は浦沢義雄で間違いなし!

先日放送されたアニメオリジナル回「天才レストラン」を見て

何か違和感を感じた方も多いのではないでしょうか。

今までの名探偵コナンと明らかに違う世界に戸惑った方も多いはず。

コナンはテイストが変わったのか?それとも、回によってテイストが違うのか?調べてみました。

目次

名探偵コナンが何か変と感じてしまう理由は?

今日のコナンくん、何か変?」と感じたらある意味、神回だと言います。

テイストが全く違うのは脚本家が違うからなんです

名探偵コナンには、脚本家が複数在籍していますが、

非現実的で、一見ヘンテコに捉えられる世界を描くのは脚本家「浦沢義雄さん」の世界です。

まさに「浦沢義雄ワールド」が広がっており、

一部のコナンファンからは「世界観を崩すな」とバッシングを受けているようです。

具体的にどのような部分が「浦沢ワールド」なのでしょうか。

コナンくんか感情的すぎる!

浦沢さん脚本の1089話「天才レストラン」で

少年探偵団のみんなに「思い上がりだ!」と非難されるシーンがありました。

いつものコナンくんなら「ハイハイ、わかったよ」等と言いながら、心の中でボヤくのではないでしょうか。

しかし、浦沢ワールドでは、すぐにコナンくんは逆上します。

そもそも小学一年生が「思い上がり」という言葉を使うのも不思議ですが、

コナンくんが少年探偵団のみんなと、感情的に喧嘩をする方が違和感ですね。

非現実世界が広がっている!

最新回の「天才レストラン」ですと、

まず不思議に思うのが「オムライスのしたい」というワード。

そして、レストランの中で繰り広げられる演出が、まさに非現実的で少しメルヘンさを感じる世界。

注文の品であるオムライスをジェットで飛ばしパラシュートで落として席まで運ぶ演出や、

調理中のオーケストラによる演奏はまるで夢の中を描いているようです。

かと思えば、コナンくんが伝説のお子様ランチを頼まなかったことで、

シェフはちょっとだけ自信をなくし、ちょっとだけ腕前を落として、最終的にコナンくんを恨むという

意味不明で斬新なストーリーこそが、難解ですが浦沢ワールドなのです。

最後まで見ても意味がわかない!

一部の方からは意味がわからない回は神回だ」と言われています

また、子供にも人気があるようで、

子ども達は楽しみにしている子が多いみたいですよ、今日はナゾ回だから早く見て!ってLINE送りあったりして盛り上がってました。

との声もあり、ミステリーで少し怖さを感じる回よりも、

謎めいていて、理解するのが難しい浦沢さんの世界観を好む人もいるようです。

名探偵コナンの脚本家、浦沢義雄ってどんな人?

浦沢さんは、名探偵コナンの脚本に2019年から参加しています。

脚本家デビューは、1979年に日本テレビで放送された、

「ルパン三世・第68話カジノ島・逆転また逆転」だそうです。

放送作家のお仕事もしておりますが、脚本家として有名アニメ作品も多数担当しており、

不条理ギャグや、コメディの脚本に定評があります。

スクロールできます
浦沢義雄うらさわ よしお
  誕生日   1951年1月26日
  出身   東京都 足立区
 仕事  1979年より脚本家放送作家として活動
※脚本家以前の経歴は、本人は離さないがダンサーだったという噂もあります。

名探偵コナンでの脚本担当一覧

浦沢義雄さんは今まで9作品に脚本として担当しています。

名探偵コナンで脚本を担当した回をまとめました。

943話 「東京婆ールズコレクション」

955話 「昆虫人間のヒミツ」

976話 「追跡!探偵タクシー」

997話 「スマイルの里の陰謀

1010話「笑顔を消したアイドル」

1028話「ケーキを愛する女のバラード」

1057話「わるいやつら」

1067話「恋する商店街」

そして、今回話題になった1089話の「天才レストラン」が9作品目です。

名探偵コナン以外の担当作は?

「忍たま乱太郎」「ボボボーボ・ボーボボ」「はれときどきぶた」等の作品に加え、

パラッパラッパー、レレレの天才バカボン、出ましたっ!パワパフガールズZ等、

シリーズ構成や、チーフライターなどを担当しています。

この作品を見ていると、浦沢さんが担当した作品だと理解できる気がしますね。

名探偵コナンの脚本家は何人いるの?

実は、名探偵コナンに携わっている脚本家は50人以上います。

「そんなに多いんだ!だからオリジナル作品もたくさんあるんだね」

その中でも、70本以上担当している人もいれば、

2〜3話程度しか担当していない人もいます。

長期的に作品に関わっており、有名な方ですと

古内一成さん」「宮下隼一さん」「扇澤延男さん」です。

まとめ

名探偵コナンの不思議回と言われる、脚本家・浦沢義雄さんについて見ていきました。

不思議な世界はテイストが違って面白いですが、コナンくんの性格まで変わってしまうのはどうなのでしょうか

今後の作品も、少し視線が変わり面白くなりそうですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次