君たちはどう生きるかパンフレット販売日は1ヶ月以上先?後日販売になった理由は、徹底した情報漏洩の管理!

「君たちはどう生きるか」が2023年7/14公開となりました。

今までになく声優や、音楽担当者など事前情報一切なしの為、

ジブリファン以外の方でも、気になっていた方は多いのではないでしょうか。

そして驚きなのが、公開しても尚、パンフレット販売がされていないことです。

パンフレットは欲しい方も多いと思いますが、いつ発売になるのか

詳しくみていきましょう。

目次

君たちはどう生きるか:パンフレット販売日はいつなの?

パンフレット販売に関しては、正式な情報は未発表です。

しかし、公開している劇場には少し情報が出ていました

映画公開日7/14現在、正式なパンフレット販売日は未発表。

パンフレットの正式な販売日や、販売方法など

全ての情報がまだ分からない。ということが分かっています。

映画『君たちはどう生きるか』の劇場パンフレットは、上映劇場および通信販売にて、

公開日からではなく公開後に販売予定です。

販売日は、後日公式Twitter(東宝映画情報【公式】@toho movie)ほかにてお知らせいたします。

いつ頃、販売になるかの予想は?

まず私自身が調べた中では、今まで過去に

パンフレットが後日販売になった映画はありませんでした。

とても異例のケースなんだね。宮﨑駿監督のこだわりを感じられるね。

後日販売になった背景も、宮﨑監督からコメントされていませんが、

敢えて」後日販売にしたとしたら、

公開から間を空けずに、パンフレット販売を行うことはしないと思います。

おそらく最低でも2週間〜1ヶ月後ではないでしょうか。

映画自体が、私たちに問いかけている映画だから、
アンサー的な情報は少しの間出さない。と予想したんだね!

パンフレットに関して最新情報はどこで発表されるの?

東宝映画情報公式Twitterから発表されますので、フォローして待ちましょう。

https://twitter.com/toho_movie/status/1679657136232734720?s=46&t=Tppchrgl4Aq_H1_SAHg7Ag

映画で楽しんだ後に、パンフレットの販売を待てるのは、2度楽しめる感覚だね。なんだか、すぐにでもまた観に行きたくなる!

君たちはどう生きるか:パンフレットが後日販売になった理由は?

後日販売になった理由についてまとめてみました。

正式な情報がないため推測でしかありませんが、ネット上では様々な考えが飛び交っています

パンフレットひとつをとっても、何か意味を含んでいるのではと考えるのは、

宮﨑監督の作品ならではですね。きっと他の作品ではこのような反応にはならないはず…。

敢えて後日販売にして、観た人に考察する時間を作っている。

映画を観終わった後は、答え合わせのようにパンフレットを見る方も多いはずです。

しかし、情報を遮断することで観た人同士で語り合い、自分でも勘案しながら

敢えて、考える時間を作ってほしいというメッセージなのでは?との声も挙がっています。

前情報も一切なし、パンフレットも後日販売とはシビれる!との声も挙がっているよ。ネガティな意見が出ないのは、さすがジブリワールド!

徹底した情報統制を確立するため?

パンフレットを当日販売するとなると、公開日より前に制作を進めなければいけません。

制作には様々な人が関わる事になるので、その分、情報が出回るリスクも高くなります

宮崎駿監督の事前情報開示なしを徹底するために、

情報源となるパンフレットは後日にせざるおえなかったのかもしれません。

君たちはどう生きるか:グッツは販売しているの?

パンフレットは販売していませんが、グッツは劇場にて販売しています。

グッツ詳細をみていきましょう。

劇場販売グッツは4種類ある!

ポスター、ポストカード、クリアファイル、下敷きの4種類の販売です。

全て事前公開されていた、ポスター画のグッツのみとなります。

あくまで推測だけど、もしかしたらパンフレットと一緒に他のグッツも出るかもね!

君たちはどう生きるかパンフレット販売日はいつ?まとめ

パンフレット販売日の正式な日程は未公開ですが、かなり先になると予想します。

少しでも早く手に入れたい方は、東宝映画情報公式Twitterをフォローして待ちましょう!

宮崎駿監督の復帰作品、パンフレットがない分、映画を振り返り考察しますが

宮﨑監督はこの「考察をさせる」が目的なのかもしれません。

でも、もしかしたら考えすぎなのかも…?考えるとワクワクしますね!

これからの情報開示も楽しみに待ちましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次