藤井聡太の年収が鰻登り!年収推移と2023年年収予想を計算したら3億円越えだった?!

7/19誕生日を迎えた藤井聡太さん。

2023年6月1日には20歳10ヶ月、史上最年少で名人タイトルを獲得しました。

7冠達成となり気になってくるのは、名人のタイトルを獲得した藤井さんの年収ではないでしょうか。

棋士の年収はいくらなのか、想像しにくく謎に包まれている部分も多いですよね。

今までの藤井聡太さんの年収推移と、2023年の予想も見ていきましょう。

目次

藤井聡太の年収は鰻登りなの?

大雑把に計算したとしても、鰻登りであることは確実です。

将棋連盟は、賞金や対局料詳細を公表していませんが、

獲得賞金ランキングを見れば、鰻登りなのはすぐにわかります。

スクロールできます
西暦賞金ランキング順位獲得賞金額
2018年12位2031万円
2019年9位2108万円
2020年4位4554万円
2021年3位6996万円
2022年1位1億2205万円

この金額は、対局料金と獲得賞金のみの金額ですので、

その他、講演などのイベント収入を合わせると更に高くなるのがわかります。

この時はまだ藤井聡太さんは10代だよね。10代の収入とは思えないね。

藤井聡太の年収推移はどうなっている?

藤井聡太さんの年収推移を見ても、ここ数年で跳ね上がっているのが分かります。

先ほどの賞金と獲得料金に、イベント料や広告・スポンサー料金を想定した年収がこちらです。

スクロールできます
西暦年収予想額
2018年約3000万円
2019年約3000万円
2020年約6500万円
2021年1億2000万円
2022年2億5000万円

年収が1億を超えたであろう2021年は「竜王」のタイトルを獲得しています。

今年は名人タイトルも獲得したから、更に跳ね上がるね。
対局料と獲得賞金が増えるから、その収入だけでも2億は軽く超えそうな感じがするよね!

藤井聡太の年収は3億円越えって本当?

2023年の藤井聡太さんの年収は、3億円を超えるのではないかと言われています。

まだ年の途中ですが、現在の状況から見ても確実と言えます。

そもそも、プロ棋士の収入源って何なの?

プロ棋士の収入にはいくつか種類がありますので、詳しくみていきましょう。

将棋棋士対局料

会社でいう「基本給がこれに当たります。

社長、課長、部長などでも基本給が違うようにプロ棋士も

所属する階級によって対局料金が変わります

藤井聡太さんは、現在最上級のA級に所属しているんだって。
だから対局料金だけでも、かなり年収は上がるんだね。

賞金ランキングから見たA級の対局料金予想では

A級は対局料は「約800万円とも言われています。

最上級のA級に所属し基本給も高い藤井さんですが、対局すればするほど更に年収は上がります

年間で50〜60局ほど対局する藤井さんは、4000〜5000万円の収入です。

対局賞金

対局料は、対局するだけでもらえるいわば基本給ですが、

賞金は勝敗によって金額が変わります。世間一般でいう歩合給の部分ですね。

もちろん、賞金の大きな対局で勝利すれば一気に収入は上がります。

大きなタイトルがかかった対局では、賞金4000万円を超えるものもありました。

ニュースでも話題になった「竜王戦」の賞金が4000万円を超えていたとの噂だよ!

スポンサー収入(広告など)

藤井さんのように有名騎士になればなるほど、

契約も多くなり金額も跳ね上がるのが、スポンサーや広告収入です。

藤井聡太さんは、CM出演もしており出演料は1本5000万円と言われています。

不二家やサントリーとも契約しており、

この収入だけでも約1億円ほど収入を得ているのではないかと言われております。

イベント(公演や講習会費など)

ニュースでもよく見かけますが、プロ棋士は将棋普及の活動もしています

子供達と対局をしたり、講演会やアマチュアの大会に参加することもあります。

今までの収入に比べれば、大きな金額とはなりませんが、

この活動も、プロ棋士の収入になります

藤井聡太の年収は鰻登りなの?まとめ

藤井聡太さんの今年の年収を予想しつつ、鰻登りの推移をみていきました。

年齢も若く、話題性も高い藤井さんは

他の棋士よりも、広告やスポンサー料は高いかもしれませんね。

あくまで予想ではありますが、2023年の年収は3億円を超えることは

ほぼ確実ではないでしょうか。

これからの活躍も楽しみにしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次