【ひき肉です】意味や元ネタが知りたい!人気急上昇中学生ユーチューバーちょんまげ小僧のひき肉の自己紹介だった!

最近「ひき肉です」という言葉を、SNSなどでよく見かけませんか。

一体何なの?と思いつつ、食べ物のひき肉を想像する方も多いのではないでしょうか。

実はこの「ネタ」は中学生YouTuberのちょんまげ小僧が元ネタなのです!

元ネタなんてあったんだ!その人オリジナルなのかな?
ちょんまげ小僧ってどんな人たちなんだろう。

こんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

・「ひき肉です」の元ネタと意味について

・SNSで話題の「ひき肉です」はどんなものがあるの

・ちょんまげ小僧はどんな人たちなのか

これらについて詳しく見ていきましょう。

目次

「ひき肉です」の元ネタと意味はなに?

SNSで話題の「ひき肉です」の元ネタはYouTubeでの挨拶です。

そのYouTubeは、ここ1ヶ月で登録者が爆伸びしている「ちょんまげ小僧」

元ネタの映像や意味についても詳しく見ていきましょう。

ひき肉です元ネタはどんなもの?

こちらが、元ネタとなるYouTuberちょんまげ小僧のチャンネルです。

「ひき肉」という名前のメンバーがいるのですが、

その挨拶が印象的でSNSでバズっているのです。

ひき肉くんはサムネの真ん中、緑色のTシャツの人だよ。

ひき肉ですの意味は何?

「ひき肉です」という言葉の意味が気になりますよね。

これはメンバーの「ひき肉」さんの挨拶ですので、「ひき肉です」は謂わば自己紹介です

その為、ひき肉ですという言葉自体に深い意味はありません

ひき肉ですはどうやって生まれたの?

クセになるひき肉ですという挨拶は、どのようにして生まれたのでしょうか。

実は動画内でも語られており「考えたわけではなく、勝手に生まれ出てきた」そうです。

イソ・ギンチャクさんの挨拶で、「ボンジュール・イソギンチャク」が動いたから、

自分はこうやるべきだと体が勝手に動いてあの「ひき肉です。」が生まれた。

と話しています。

考えたわけではなく、咄嗟に出た動きや挨拶が大バズりしており、

ひき肉さん本人が一番驚いているのではないでしょうか。

SNSで話題の「ひき肉です」はどんなものがあるの?

SNSで拡散されている「ひき肉です」にはどのようなものがあるのでしょうか。

元ネタとなるひき肉ですを見た後に、再度見るとさらに面白いよ

面白く拡散される動画には、いくつかポイントもあるようです

本家のひき肉をより引き立たせるためのポイントを

一気にまとめて見ていきましょう。

ポイント①両手を広げる

ひき肉さんの挨拶を、そのまま引用するツイートが多く見られます。

アニメや、外国の方の映像などで両手を広げるシーンに合わせて

「ひき肉です」を当てこむことでおもしろ動画ができています。

ポイント②カメラ目線ではなくす

ひき肉さん自身も、挨拶をするときはカメラを見ていません。

そこに気づいている視聴者の方は、当てこむ映像やアニメ動画でも

カメラ目線でないものを選んでいるようです。

より本家に近い、引用で更におもしろうですね。

ポイント③声だけリンクする映像に引用する

映像はつけずに、ひき肉さんの声だけを引用した動画も話題です。

「ひき肉です」の声のトーンにマッチしていればしているほど面白いですね。

ちょんまげ小僧はどんな人たちなの?

ちょんまげ小僧はどんなところが面白く、ここまで話題になっているのでしょうか。

ひき肉です。だけクローズアップされていますが、ちょんまげ小僧はどんな人たちなのか、

普段のYouTubeではどのようなことをアップしているかも詳しく見ていきましょう。

ちょんまげ小僧のメンバーにはどんな人たちがいるの?

ちょんまげ小僧のメンバーは6人いるよ!

・ちょんまげ小僧

・ナマズ

・イソ・ギンチャク

・ひき肉

・パンダ

・右足

全部の動画に全員が出ている訳ではないのですが、

リーダーは「ちょんまげ小僧」さんです。

ナマズさんがトークを主に仕切っておりますので、

この2人は、ちょんまげ小僧の主要メンバーのようですね。

どんなYouTubeをあげているの?

中学生男子ならではの企画力が話題のちょんまげ小僧ですが、

「高速人狼ゲーム」や「コミュ力王決定戦」などの企画ものの他にも

ゲーム企画の動画も多く上がって再生回数を伸ばしています。

企画だけでなく、トークを仕切るナマズさんの回しや、

トークや編集のテンポの良さにも注目です。

YouTubeチャンネル登録者数は?

ちょんまげ小僧のチャンネル登録者数はこの1ヶ月足らずで爆伸びしました。

2023年7月19日時点では約1,000人程だったのですが、

2023/08/19時点では82万人を超えています!

ものすごい勢いですね。

この背景には、もちろん「ひき肉です」の大バズりもありますが、

それを嗅ぎつけたフィッシャーズとのコラボも大きいと言われています。

そして、動画自体の面白さ、クセになる感覚で登録者数が伸びたのですね。

ひき肉です」の元ネタと意味はなに?のまとめ

  • 「ひき肉です」の元ネタは「ちょんまげ小僧」というYouTuberの動画
  • ちょんまげ小僧のメンバー、ひき肉くんの挨拶がバズっていいる。
  • ひき肉ですは自己紹介のため、特に意味はなく動きも即興でつけたものだった。
  • ちょんまげ小僧のチャンネルは、チャンネル登録者数が1ヶ月で60万人を超えるほど大バズりしており、男子中学生ならではの企画が話題になっている。

いかがでしたでしょうか。

ひき肉ですは、チャンネルを見れば見るほどクセになり、

SNSで拡散したくなる気持ちがわかりますね。

チャンネル登録をして、今後の投稿も楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次