平成フラミンゴとコムドットは結局どちらが悪い?今後はコラボなし絶交状態が続くのか?

イベント出演を巡り、平成フラミンゴとコムドットで動画が上がり、炎上しています。

結局のところどちらが悪いの?と感じた方も多いと思います。

その後、平成フラミンゴからは書面にて「この騒動に触れるのは最後にしたい」と発表されましたが、

結局どちらが悪いのか、今後は絶交?それともコラボ撮影があるのか。について書いていきます。

目次

平成フラミンゴとコムドットは結局どちらが悪い?

今回の炎上、トラブルに関してはコムドットの印象が悪いようです。

正解不正解がある訳ではないですが、

プロデューサーという立場を理解していない発言が多かったのが理由のようです。

コムドットが悪いと感じる理由①プロデューサーとしての意識の低さ

それぞれで動画が上がり、視聴者やファンからの意見も様々ですが、

友達ではなく、企業や仕事としての意識の低さを指摘する意見が多く見られます。

https://twitter.com/muro_popo/status/1674825593312145409?s=46&t=Tppchrgl4Aq_H1_SAHg7Ag

これに対し、コムドット側の動画では

「平成フラミンゴ」と会って話そうとしたが、連絡がつかなくなり

最終的に話す手段がなくなったので、ツイートを利用した。

ツイート文面はチーム全員の総意で決定し、発信した。

と話していますが、ツイートを利用するのは良しとしても、

その発信内容や言葉に関して、ファンも呆れている様子でした。

コムドットが悪いと感じる理由②言葉の刃を乱用

平成フラミンゴとコムドットの立場はそれぞれ理解できる。というファンや視聴者でも、

唯一、許せなかったのは「言葉の刃」ではないでしょうか。

この「被害者ヅラ」「保身に走った」などの酷い言葉に関しては、動画内で謝罪をしています。

しかし、それだけではありません。

また、動画内や概要欄にも記載があるように

証拠となりうるメールや音声を世間に出すことは〜(以下省略)」などと、

友達として!と動画でも散々話していた後に、

「証拠」などという言葉を投げることに対して、世間は疑問や不信感を持っています

平成フラミンゴとコムドットは今後、絶交しちゃうの?

明言はされておりませんが、しばらくコラボ動画は上がらないと推測します。

推測する理由をいくつか見ていきましょう。

今後コラボしないと推測する理由①炎上の鎮火

コムドットの東京ドームイベントは間近に迫っています。

平成フラミンゴも、本来はイベントに出たかったと動画でも伝えていますし、

イベント成功を願っていると発信しています

コムドットもイベント準備で多忙になるこの時期、

更なるトラブルを避けるためにも、2組が撮影含め近づくことはないと思われます。

今後コラボしないと推測する理由②平成フラミンゴが発表した書面

コムドットよりも早く、7/5に平成フラミンゴは書面にて騒動について謝罪をし、

動画更新を再開しました!

その書面には、今後この件に関して触れる事はない。と記されています。

(前省略)

また、私たちの出演は残念ながら見送りにはなってしまいましたが今回のイベントの成功を祈っているのは本心です。

視聴者の皆様をはじめ多方面の方々にこれ以上不安な思いをしていただきたくなく、 今回の件に触れるのはこの投稿で最後にできればと考えています。

Yahoo!ニュース

クリエイター同士だけではなく、企業を挟んでいる事なので、決着がつかず、平行線で鎮火させることもあります。

その為、「今回の件に触れるのはこの投稿で最後」と記したのでしょう。

コムドットはそれを良しとするのでしょうか。

今後コラボしないと推測する理由③平フラ所属事務所側の不信感

炎上最中に発表された書面にて、注意喚起とも取れる一文がありました。

「以降、正しいと言える順序での運びがあり、全クリエイターが輝く場になることをお祈り申し上げます。」

コムドット側の出演依頼手順に、不手際があったことを表現していると取れる文面ですが、

この文面からも、平成フラミンゴ所属事務所は

コムドット側に不信感や憤りを覚えたのは確かなはず。

事務所側からも、ある程度の期間は距離を置いてほしいと

ひょっとしたら伝えられているかもしれませんね。

平成フラミンゴとコムドットは結局どちらが悪い?まとめ

炎上、トラブルに関してはコムドットの印象が悪いようで、その詳細な理由を見ていきました。

今後も、コラボレーション動画は、しばらくの間はお預けになりそうです。

早く、2組の仲が戻り「コムミンゴ」コラボウイークが

見れるようになることを願っています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次